MATLAB Answers

なぜ、MATLAB Distributed Computing Server にて worker を起動しようとした時​、エラーが発生するの​でしょうか?

5 views (last 30 days)
MATLAB Distributed Computing Server にて worker を起動しようとすると、STARTWORKER スクリプトがハングするか、次のエラーが表示されます
The mdce service on the host hostname returned the following error:
The MATLAB worker exited unexpectedly while starting.
The cause of this problem is:
============================================================================
Most likely, the MATLAB worker failed to start due to a licensing problem,
or MATLAB crashed during startup. Check the worker log file
C:\TEMP\MDCE\Log\hostname_workername_05-12-15_14-29-00_578.log
for more detailed information. The mdce log file
C:\TEMP\MDCE\Log\mdce-service.log
may also contain some additional information.
============================================================================
Script startworker unable to complete successfully - exiting

Accepted Answer

MathWorks Support Team
MathWorks Support Team on 6 Dec 2019
このエラーは、以下のいずれかに該当する場合、発生します
1. Worker がライセンス サーバーからライセンスのチェックアウトに失敗している
2. 起動時に worker プロセスがクラッシュする
3. MDCE サービスの設定に問題がある
上記問題の原因及び解決策については、下記をご参照ください。
いずれかの worker node にて worker を起動するとき、worker ログがそれぞれのマシン上に記録されます。通常、このログファイルは以下の場所に格納されます。
C:\TEMP\MDCE\log (Windows の場合)
/var/log/mdce (Linux/Unix/Mac の場合)
ログは通常 <hostname>_<workername>_<date>.log というファイル名になります。
ログファイルが存在する場合、通常 worker が起動できなかった原因に関するエラーメッセージが含まれています。ログファイルがライセンスマネージャー エラーを含んでいるか、worker を起動しようとした時にライセンスマネージャー エラーが発生した場合、下記 ”Licensing Issues” の項目を参照してください。
もし、エラーメッセージが明確ではない場合、各 node 上でMDCE のサービスをリセットし、worker を再起動してください。手順については、下記 “MDCE サービスの再構築” の項目を参照してください。
MDCE 以外で worker を起動している場合
==========
Worker ログがエラーメッセージを含んでいない、もしくはログファイルが存在しない場合、worker を MDCE サービス以外で起動できるか確認します。ターミナルもしくはコマンドプロンプトから下記のように実施ます。
cd $MATLABROOT\bin
matlab -logfile worker.txt -dmlworker -nodisplay -r exit
($MATLABROOT は、MATLAB がインストールされているフォルダです。Linux, Unix もしくは MAC の場合、コマンドの前に “./” をつける必要があります)
コマンド実行後、$MATLABROOT/bin ディレクトリにある worker.txt ファイルを確認してください。worker が正常に起動できた場合、ファイル内に下記のように記録されます。
To get started, type one of these: helpwin, helpdesk, or demo.
For product information, visit www.mathworks.com.
ライセンスマネージャー エラーが発生しているか、ファイルが空の場合、下記 ”License Issues” の項目を参照ください。
Licensing Issues:
==========
Worker 起動時に、ライセンスマネージャー エラーが発生する場合、サポートサイトのライセンスマネージャー エラー リストを参照ください
MDCE 以外で worker を起動しておらず、ログファイルが空である場合、ライセンス サーバー マシン上のライセンスマネージャーのログファイルから、エラーが記録されているか確認することができます。このログファイルは、通常下記の場所にあります。
$MATLABROOT\flexlm\lmlog.txt (Windows の場合)
/var/tmp/lm_TMW.log (Linux/Unix/Mac の場合)
($MATLABROOT は MATLAB がインストールされているフォルダです)
ライセンスマネージャー ログ ファイルに情報がない場合、worker ノードとライセンスマネージャー間の接続について確認します。Worker がライセンスマネージャーのマシン ホスト名に ping を発行し、成功することを確認します。もし失敗する場合、worker を起動するには ping が成功するように修正する必要があります。お客様のネットワーク管理者に確認してください。
もしくは、他のマシンで worker の起動を実施してみて、ライセンス サーバーが稼働していることと、ライセンスファイルが正しいものか確認します。
ライセンスファイルの問題を解決した後、下記手順に従って MDCE サービス構成の再設定を実施します。
MDCE サービス構成の再設定
==========
MDCE サービス以外で worker を起動できる場合(上記、「MDCE 以外で worker を起動している場合」をご参照ください)、MDCE サービス構成を再設定するだけで問題を解決することができる可能性があります。
1.MDCE サービスを停止します。Windows のサービスにてMDCEサービスを停止します。もしくは Windows 以外の OS の場合、以下コマンドをターミナルから実行します。
cd $MATLABROOT\toolbox\distcomp\bin
./mdce stop
($MATLABROOT は MATLAB がインストールされているフォルダ)
2./var/log/mdce もしくは、C:\TEMP\MDCE\log フォルダよりすべてのログファイルを削除します
3. MDCE サービスを再起動します。Windows のサービスにてMDCEサービスを停止します、もしくは Windows 以外の OS の場合、以下コマンドをターミナルから実行します。
cd $MATLABROOT\toolbox\distcomp\bin
./mdce start
4. Job Manager を再起動します。
5. Worker を再起動します。
手順 “4” および “5” に関しましては、下記公開情報よりガイドの Stage 2 をご参照ください。
上記方法を実施しても問題を解決できない場合、下記よりインストールチームにご連絡ください。

  0 Comments

Sign in to comment.

More Answers (0)

Sign in to answer this question.

Tags

No tags entered yet.