residualSi​milarityMo​del()関数の設定​について

1 view (last 30 days)
maeda
maeda on 7 May 2019
Commented: Kazuya on 7 May 2019
RULのresidualSimilarityModel()関数のDistanceの設定で、'euclidean'と, 'absolute'がありますが、実際はどのような事をしていますか?
ヘルプファイルを読むと、以下のように書かれています。もう少し説明が欲しいです。
"euclidian" — Use the 2-norm of the residual signal.
"absolute" — Use the 1-norm of the residual signal.

Accepted Answer

Kazuya
Kazuya on 7 May 2019
この例題の「Build Similarity RUL Model」の項に'absolute'を使った例で少しだけ説明があります。
日本語訳も以下に:
  2 Comments
Kazuya
Kazuya on 7 May 2019
検証用のデータ1つに「近い」50個のデータを、学習用データから見つけるための距離尺度として absolute (1-norm) を使用する設定です。
例題で absolute が使用されている論理的背景は分かりませんが、euclideanより absolute の方が外れ値の影響を受けにくい気がしますね。。

Sign in to comment.

More Answers (0)

Community Treasure Hunt

Find the treasures in MATLAB Central and discover how the community can help you!

Start Hunting!